わたしのひとり会

短歌、俳句、川柳、落語、読書、雑記

それ「校正」ですか?

 「文章校正のコツ教えます」「〇〇円~文章校正請け負います」など、ウェブ界隈でも文章校正に関する記事をよく見かけます。みんないい文章を書きたい気持ちはあるんですよね。ですが、こういった記事を見かけると、「校正」が何なのか正確な意味で理解されていないと感じることもしばしばあります。もちろん人によって捉え方に差があるのは致し方ないですが、「これはちょっと…どうなの?」と思う点について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

時代が変わると校正も変わる

  はじめに「校正」とは何なのか、辞書の定義を見てみましょう。ちなみに「校正」には計器類の誤差を正すといった意味もあるのですが、ここでは編集作業に関係のある方の意味だけ取り上げます。

 

原稿や原資料などとつき合わせて、文字や図版の誤りを正すこと。

新明解国語辞典 第七版」

 

 

 辞書の定義を見ただけでも、かなりイメージと違っていたのではないでしょうか。校正とはもともと、原資料、手書き原稿、刷り上がったゲラ・刷りを見比べ、1文字ずつつき合わせて誤りがないか確認することが、作業の大半を占めていたのです。ですが現代では原稿が手書きでない場合がほとんどであるため、ゲラを引き合わせて1文字ずつ確認する必要がなくなったのです。

 「じゃあ現代の校正ってなんなの?」これは人によって微妙にとらえ方が違う場合もありますが、主に誤字脱字、変換ミス、体裁、てにをは、ノンブルについて確認することを指します。もちろん、本来の意味である、原稿・見本と出来上がったゲラが一致しているかどうかの確認も含みます。

 ここまで読んでいただければお分かりの通り、校正は文章の内容・表現の直しには踏み込まないのです。ドラマ「校閲ガール」で主人公が「文字まわりの校正だけやって、余計なことはするな!」とか言われていたのは、こういうことなんだと思います。

 

 

「文章を直す」にも色々なレベルがある

  「わたし作文苦手でさあ。あやちゃんプロでしょ?校正やってよ~」などと言ってくる人、たまにいます。こういう場合、求められているのは「校正」ではないことが多いです。きっと誤字脱字や変換ミスだけ指摘しても、この人は「っちぇ」としか思ってくれないでしょう。文章を直すにも色々なレベルがあるのです。

 校正は内容・表現には踏み込まないと書きました。たとえばこういった作業は校正とは呼ばないと、私は考えます。(とても勉強になる記事ではあります)

今日から使える文章校正テクニック | Developers.IO

 

 「こそあど言葉を効果的に使って文字数を減らす」「簡潔に書くには、主語と述語の間を空けすぎない」といったレベルの直しは、文章校正ではありません。添削、編集、推敲、リライトなどと呼ばれる作業なのだと思います。(正確には何と呼ぶべきかわかりませんが…)なぜなら、これらのテクニックは、「表現の仕方」に踏み込んでいるからです。校正作業において、意味が通じ、文法的にも誤りとは言えない表現に対して、直しを入れることはほぼありません。校正は著者の表現をできるだけ尊重しなければならないからです。

 「マイナスをゼロにするのは校正の仕事ですが、ゼロをプラスにするのは著者の仕事」と言うと分かりやすいかもしれません。下手な文章を上手な文章に直すのは、校正とは呼ばないのです。だから上手な文章にも校正・校閲は必要なのです。

 メーカーの検品・品質管理と同じなのではないかと思います。設計図通りに製造されたのかどうか確認する。「このデザイン、こうした方がいいんじゃない?」なんてこと、この段階で指摘することはないでしょう。ですがどんなに良い設計図でも、製造段階でゴミが入り込んでいたら台無しです。それを拾うのが校正です。

 「じゃあ大したことしてないじゃん…」と思うことなかれ。今度はより踏み込んだレベルの「校閲」に入ります。

 

校正と校閲の違い

  ここでもまずは辞書の定義を見てみましょう。

 

書類や原稿などの誤りや不備な点を調べて、加筆訂正すること。

新明解国語辞典」第七版

 

 校閲では、内容に誤りが無いか調べる作業に入ります。つまり事実確認ですね。それとともに、内容に矛盾がないかどうか、差別表現がないかどうか、表記が統一されているか、といった点も確認して指摘します。校正は表面的な誤りを正す作業ですが、校閲はより内容に踏み込んだ指摘をします。

 ですが校閲の段階においても、よほどの読みにくくて文意がとれない場合を除き、「こういう書き方の方が分かりやすい」といった文章指導をすることはありません。

 

 

なぜそんな違いにこだわる?

  校正は個人が在宅で請け負うことも多くあります。いまではクラウドワークス、ココナラなどで請け負う人もいるようです。その界隈の求人などを見ると、本来の校正と違う意味で仕事を募集したり請け負ったりしている人をしばしば見かけます。国家資格があるわけでもなく、多少、文章力に覚えがあれば看板を出すことができますから、非常に垣根が低いわけです。そのせいで、校正の仕事内容が人によって違ってきてしまうのは、大丈夫なのかなあと。

 

自分の文章は校正しにくいので、誤字脱字などあればご勘弁を…(^-^;