わたしのひとり会

短歌、俳句、川柳、落語、読書、雑記

春に詠んだ歌

深窓の姫を手練れの女中らが世話するように喪服を仕舞う