読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな言葉を採集

短歌、俳句、川柳、雑記

NHK短歌 「苦しむ」 島谷ひとみ

2月放送 「苦しむ」

選者:坂井修一
ゲスト:島谷ひとみ
司会:剣幸

 

 今回のゲストは「亜麻色の髪の乙女」でおなじみの島谷ひとみさん。今回のお題は「苦しむ」だったからなのか、入選歌はどれも心に響きました。

 

せっけんが
つめにはいった
ときほどの
まろい苦しみ
あなたのウソは

 

 若い方が作ったそうです。爪に入った石鹸のたとえが、絶妙に共感を呼びます。

 

有無という
アントニムだけ?
そうじゃない
生む苦しみと
生まぬ苦しみ

 

 この歌は島谷さんが推していました。友人は子育てに忙しい時期だけど、自分は独身。どちらの言い分もすくい上げています。私も独身で、まだ友達も結婚していないけれど、きっとこんな風に感じるときが必ず来るんだと、身につまされました。短歌というと繊細で優雅な文芸という印象が強いですが、人生の苦しみ、人間のドロっとした感情、そういったものも織り込めるんだと再認識させられます。


 坂井先生が紹介した今回の歌も、とても印象に残りました。

 

吾と同じ
目線の高さ
柵ごしに
駝鳥は夏の
憂ひを運ばず
(大塚寅彦)

 

 みなさんは駝鳥を目の前で見たことがあるでしょうか。私は高校時代、学校の隣の付属大学が持っていた飼育小屋で駝鳥を見たことがあります。私よりも少し高い身長、一回り大きな体格。キリンや象のように自分よりもずっと大きな動物だと、遠くから眺めることができますが、妙に近いサイズだと、人間と鳥という違いがよりいっそう際だつ。そういう不思議な感覚になったことを思い出しました。
 きっと檻に入れられている駝鳥。同じ目線の高さなのに、私と違って憂いを運ばない。駝鳥をすぐ目の前にしたことのある人ならきっと、この歌に共感すると思います。…こんな歌を詠めるようになった良いなあと思わされます。

 

 恒例の坂井先生からゲストへの歌のプレゼント。今回はこんな歌でした。

 

あそぶ髪
舞ふ歌姫の
いやさかを
ロザリオの玉
野薔薇 祈らめ
(坂井修一)

 

 折り句はもう分かりますね。頭文字と末尾の文字をつなげて読むと「あまいろのかみのおとめ」です。こんなに長い折り句は初めてだそうです。後ろの2句が意味が分からん、と思わないこともないですが(笑)、これだけ仕込むのは相当な技術なんだろうなあ…と思わずにはいられません。

 

4月から選者が変わります。
永田和宏、大松達知、黒瀬珂瀾、佐伯裕子の各氏。