わたしのひとり会

短歌、俳句、川柳、落語、読書、雑記

NHK俳句 「節分・追儺」 夢枕獏

NHK俳句 1月放送 「節分・追儺

 

選者:夏井なつき
司会:岸本葉子
ゲスト:夢枕獏

 

今回のゲストは「陰陽師」で有名な作家・夢枕獏さん。恥ずかしながら読んだことはないのですが、お名前は知っています。とてもおだやかな印象のおじさまです。今回の兼題が追儺という儀式なので、漫画「陰陽師」のイラストを示しながら、夢枕さんから解説がありました。これはぜひ読まないと!

 

節分というと鬼に豆をまくイメージしかありませんでしが、それは追儺の方。節分は時候の言葉。儀式を指しているわけではないんですね。明日から春が始まる、というのがポイントの言葉だそうです。具体的なイメージが湧く言葉ではない分、いろいろな言葉との取り合わせで楽しめる、と夏井先生がおっしゃっていました。

 

節分の朝ほどのよき空の青
夢枕獏

 

夏井先生の季語道場コーナーで夢枕さんが提出した自作の句。なんと先生からの添削は一切なし!初めてのことだそうです。明日から春、という節分をうまく表現しているとのことです。「下手にいじらないほうがいいわ!」と夏井先生が言っているのは驚きました。

夢枕さんは俳句小説を構想中だそうです。今回の放送を見たら、完成が楽しみになりました。発売されたらぜひ読みたいです。

 

歳時記をちゃんと買おう…と思った次第です(笑)