読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな言葉を採集

短歌、俳句、川柳、雑記

NHK俳句 「寒昴」

1月放送 「寒昴」

選者:正木ゆう子
司会:岸本葉子
ゲスト:海部宣男天文学者

 

空を見上げることなんて無くなって、まあ久しいです。
ゲストの 海部宣男さんによると、昴は比較的若い星なんだそうです。一つの星だったのが、ばらばらに、散らばり始めている星々。字面からは想像もしない、フレッシュな言葉だったんですねえ。

ゲストの海部宣男さんは国立天文台の台長も務めたこともある天文学者で、あのすばる望遠鏡を完成に導いたという業績の持ち主。まさに 「寒昴」のテーマにふさわしい第一人者ですね。 穏やかな正木ゆう子さんや岸本葉子さんとも波長の合っている感じがして、見ていて非常に和む回でした。12月放送の「鰤」の回で登場した元漁師の上田勝彦さんとは、雰囲気がまったく違っていてこれもまた面白かったのですが。

 

ビル街の高みの上を寒昴

 

海部宣男さんの自作の句です。「上に」ではなく「上を」としたことで、 寒昴が動いている様子も表したかったとのことでした。それとともに、実は昴は都会でもよく見える星なんだそうです。都会に居てもぜひ空を見上げてほしい、という思いもこめられています。