わたしのひとり会

短歌、俳句、川柳、落語、読書、雑記

秋に詠んだ歌と句5


f:id:shima_aya:20161105040059j:image

 

年の瀬や誰かを待つか分水嶺 その人波の寒さのなかで

 

真剣な手帳を選ぶその目つき フィアンセ決めたときのそれだね

 

ダウニーは恋の香りとママは言う 不倫の恋の香りだと言う