わたしのひとり会

短歌、俳句、川柳、落語、読書、雑記

歌と句

もう紫陽花の季節が来る

紫陽花や隅の奴から先に咲く まだ雨の降らぬ季節の花冠り

いままで詠んだ歌と句2

「風花」風花や遠い目をしている新婦 「お風呂」晴天に裸の女群をなし お風呂の端でお猿たまげる 「ワイン」今夜こそ決着がつく予感して ワイングラスをそっとぶつけるワイシャツの赤くて丸いその染みが ワインであれば落としてあげる 「寒昴」終電はまだ来…

これまで詠んだ歌と句

これまで詠んだけどまだ載せていなかったもの。 「髪」「いい匂い」そのつぶやきが五年後も同じシャンプーを買わせているタイマーが鳴る五分前目を覚ます髪をばっさり切った翌朝 「トイレ」モンタージュ汁椀の底に浮かぶたびポタージュ私の腹の奥底会いたい…

春に詠んだ歌

深窓の姫を手練れの女中らが世話するように喪服を仕舞う

NHK「短歌で胸キュン」で入選した!

短歌で胸キュン 3月放送 テーマ「鍵」選者 栗木京子 NHK短歌の入門版。投稿を始めてはや半年、とうとう入選!番組で紹介されました(^_^)うれしい! ヘアピンで鍵穴回し開けた箱河原の石が鎮座している(島崎綾子) 最近、なかなか作れずにいたので、これで…

NHK短歌 「袋」 石垣佑磨

NHK短歌 2月放送「袋」 選者:小島なおゲスト:石垣佑磨司会:剣幸 今回のゲストは石垣佑磨さん。小島先生も仰っていましたが、かっこいいだけじゃなくて声も良い…。「イケメン俳優がいっぱい出てくるドラマとかに出てそうな人の一人」程度の印象しか持って…

NHK俳句 「野焼」 宮崎美子

2月放送 NHK俳句「野焼」 ゲスト:宮崎美子選者:正木ゆう子司会:岸本葉子 今回のゲストは女優の宮崎美子さん。正木先生と同郷の、熊本出身だそうです。今回の番組はなんともいえぬ、のほほんとした雰囲気がただよっています。 「野焼」とは何なのか。山な…

冬に詠んだ短歌 短歌の目

短歌の目、参加します。よろしくお願いします。 1. 洗 洗いたてあなたのシャツが乾くまで愚痴の一つも聴かせてやるわ 2. 鬼 いま鬼に舐められた我めまいしてこれが怒りという感情か 3. 入ポケットの多さのせいで入れるべき物を持たないことに気付いた 4. チ…

短歌の目

短歌の目、参加します。よろしくお願いします。 1.おでん 長コート下にパジャマを隠しつつ おでんを選ぶ夜の若者 2. 自由 持ち帰り自由の品を取るときに前後左右をちら見する人 3. 忘 「忘れて」と言うほど人は思い出す 都会の夜の冷たさのなか 4. 指切り 指…

冬に詠んだ歌と句1

世の中に井戸の数こそ多かれど 大海の場所知る者はなし