読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな言葉を採集

短歌、俳句、川柳、雑記

いままで詠んだ歌と句2

「風花」
風花や遠い目をしている新婦

 

「お風呂」
晴天に裸の女群をなし お風呂の端でお猿たまげる

 

「ワイン」
今夜こそ決着がつく予感して ワイングラスをそっとぶつける
ワイシャツの赤くて丸いその染みが ワインであれば落としてあげる

 

「寒昴」
終電はまだ来ぬはずが寒昴

これまで詠んだ歌と句

これまで詠んだけどまだ載せていなかったもの。

 

「髪」
「いい匂い」そのつぶやきが五年後も同じシャンプーを買わせている
タイマーが鳴る五分前目を覚ます髪をばっさり切った翌朝

 

 

 

「トイレ」
モンタージュ汁椀の底に浮かぶたびポタージュ私の腹の奥底
会いたいのメールを送る苦しさはいま快便に押し流された
便所にて竜王戦を指すごとくいま全身がみなぎっている

 

 

「冬の夜」
電気式炬燵としびれたる指に耳傾けて夜も更けにけり

春に詠んだ歌

深窓の姫を手練れの女中らが世話するように喪服を仕舞う

NHK「短歌で胸キュン」で入選した!

短歌で胸キュン 3月放送

テーマ「鍵」
選者 栗木京子

 

NHK短歌の入門版。投稿を始めてはや半年、とうとう入選!番組で紹介されました(^_^)
うれしい!

 

ヘアピンで
鍵穴回し
開けた箱
河原の石が
鎮座している
(島崎綾子)

 

最近、なかなか作れずにいたので、これでモチベーションアップしました。こつこつ続けていきたいと思います。
ちなみに今回で栗木先生は最後。新ゲストに星野真里。4月からも楽しみです。

 


f:id:shima_aya:20170328220833j:image

NHK短歌 「袋」 石垣佑磨

NHK短歌 2月放送「袋」

 

選者:小島なお
ゲスト:石垣佑磨
司会:剣幸

 

 今回のゲストは石垣佑磨さん。小島先生も仰っていましたが、かっこいいだけじゃなくて声も良い…。「イケメン俳優がいっぱい出てくるドラマとかに出てそうな人の一人」程度の印象しか持っていなかったのですが、改めて見るとやっぱりかっこいいな!(笑)女性陣はかなり浮き足立ってましたね。

 今回のお題は「袋」。どんな袋が出てくるかなあと思ったら、手袋、ぽち袋、手提げ袋、いろいろ出てきてました。

 

荷物とはこのようなもの。
今日明日食うものばかり袋に提げて
(生沼義朗)

 

 小島先生が解説していましたが「食う」というちょっと荒っぽい表現にこの歌の良さがあるようです。人生における荷物、大げさに言って「業」みたいなものは、丁寧な言葉では表せないんだと思います。
 今回の穴埋め問題コーナー、楽しかったです。テーマは人名でした。

 

地球から一番遠き星の名にふさわしきかな○○○○○○○○

 

 剣さんは「ジェームズ・ディーン」、石垣さんは「マニー・パッキャオ」、えりちょすは「オードリー・ヘップバーン」。石垣さんはかなりパッキャオがお好きなようで、良い声で熱く語ってました。私は誰だかよく知らなかったのですが、政治家かつプロボクサーのようです。答えは「マリリン・モンロー」でした。ちょっと難しい(^^;)

NHK俳句 「野焼」 宮崎美子

2月放送 NHK俳句「野焼」

 

ゲスト:宮崎美子
選者:正木ゆう子
司会:岸本葉子

 

 今回のゲストは女優の宮崎美子さん。正木先生と同郷の、熊本出身だそうです。今回の番組はなんともいえぬ、のほほんとした雰囲気がただよっています。
 「野焼」とは何なのか。山などを焼いて、その灰が肥料となって再び草木が育つ、という。いまでは火事の心配や二酸化炭素の排出だとかで、以前ほどは行われていないそうです。

 

日をめぐり炎めぐらせ草の春

 

 宮崎美子さんの句です。正木先生が「草の春」というフレーズを非常にほめていました。「もういっそ野焼の句ではないということにしてしまいましょう」なんて仰っていました。
 野焼を実際に見たことのない私には、これで句を作るのは難しそうです…。

 次の選者が発表されました。


今井聖、高柳克弘、夏井いつき、櫂未知子の各氏です。
俳句小説「ライク・ア・ローリングストーン」の作者、今井聖さんが登場。とても楽しみです!句集を読んだことはないのですが、この小説はとても面白かったです。

冬に詠んだ短歌 短歌の目

f:id:shima_aya:20170214210915j:plain

 

 

短歌の目、参加します。よろしくお願いします。 

 

 

1. 洗

洗いたてあなたのシャツが乾くまで愚痴の一つも聴かせてやるわ

 

2. 鬼

いま鬼に舐められた我めまいしてこれが怒りという感情か

 

3. 入
ポケットの多さのせいで入れるべき物を持たないことに気付いた

 

4. チョコ

寒さ増すほどに板チョコ割る音が1オクターブずつ上がってく

 

5. きさらぎ

きさらぎの欠けたる二日か三日分せめて寝坊は許してほしい

 

 


東京の高層ビルの足下の池の端で亀何の夢見る

 

 

tankanome.hateblo.jp