わたしのひとり会

短歌、俳句、川柳、落語、読書、雑記

「噺は生きている」(広瀬和生)を読んだ感想

「噺は生きている」(広瀬和生)

 

 落語ブームは昔から細々と続いていますが、以前よりも落語の面白さを解説する番組や記事、イベントが増えているように感じます。「この噺はこんなストーリーです」「扇子と手ぬぐいだけで表現するよ」「江戸の世界ではこんな風習がありました」といった解説が多いのではないでしょうか。この本は、そういった解説にはちょっと飽きてきた人に薦めたい本です。

 

 古典落語は、ストーリーや登場人物がほぼ決まっています。ではなぜ落語好きの人は、オチまで知っている噺を何度聞いても楽しいというのでしょうか。それは古典落語の骨組みがしっかりしていて、何度聞いても飽きない楽しさを備えているからでしょう。でもそれ以上に「噺は生きている」からなのだと、この本は教えてくれます。

 

 「噺は生きている」とはどういうことか。それは二百余年前から受け継がれてきた噺を、その時代時代の噺家たちがアップデートしていくことです。古典落語はストーリーと登場人物は決まっていますが、登場人物たちが何を思って、なぜそんなことが起きたのか、という解釈は噺家によって全く違います。例えば「芝浜の女房はどんな女なのか」「なぜ高尾は紺屋の職人風情に嫁いだのか」「左官の長兵衛はどうして財布を文七に投げつけるのか」といった部分に、その噺家はどんな答えを出したのか。この本はそれを丁寧に教えてくれます。登場する噺家は明治の大名人・圓朝から新進気鋭の一之輔など、さまざま。私の大好きな談志と志ん朝にも、大きく紙幅を割いています(^^)

 

 落語は噺家が面白い話をして楽しませてくれるだけでなく、聴く側が楽しさを見つけていく娯楽なのではないかと思います。ここで私の見つけた楽しみを一つ、ご紹介したいと思います。

 この本の第一章「芝浜」では、主に「女房をどう演じるか」にスポットが当てられています。例えば文楽は美しい情景を描きながら、とある夫婦の「良い話」として。人情噺の嫌いな談志はそれに反発。「あの女房は可愛くない」と言い、一組の男女のドラマチックな物語として。噺家によっては「ラブラブ夫婦の物語」「旦那のことが大好きでちょっとおバカな女房の騒動」など、ニュアンスの違いが分かりやすく解説されます。その解説をぶつさに読んだり、どんな風に話していたか実際に聞いたりしているうちに、「女房をどう演じるかに、噺家本人の女性観がにじみ出る」ということに気付きます。「芝浜の女房=その噺家の好みの女」とまでは言いませんが、「俺が思う良い女」や「自分の妻」といった要素の影響が現れているような気がしてなりません。そうなってくると「この人優しい人なのかも」とか「意外とロマンチスト?」とか「こいつ女の好みは多分いけすかない」とか、噺家に対する愛着が湧いてきます。今まで以上に「芝浜」を楽しめること、間違いなしです…(笑)

 「芝浜」のほかにも「富久」「紺屋高尾と幾代餅」「文七元結」について書かれています。この本を読めば、きっと落語の新たな楽しみ方を見つけられるはず。ぜひ、多くの人に読んでほしいと思いました。

 

cakes.mu

 

 

それ「校正」ですか?

 「文章校正のコツ教えます」「〇〇円~文章校正請け負います」など、ウェブ界隈でも文章校正に関する記事をよく見かけます。みんないい文章を書きたい気持ちはあるんですよね。ですが、こういった記事を見かけると、「校正」が何なのか正確な意味で理解されていないと感じることもしばしばあります。もちろん人によって捉え方に差があるのは致し方ないですが、「これはちょっと…どうなの?」と思う点について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

時代が変わると校正も変わる

  はじめに「校正」とは何なのか、辞書の定義を見てみましょう。ちなみに「校正」には計器類の誤差を正すといった意味もあるのですが、ここでは編集作業に関係のある方の意味だけ取り上げます。

 

原稿や原資料などとつき合わせて、文字や図版の誤りを正すこと。

新明解国語辞典 第七版」

 

 

 辞書の定義を見ただけでも、かなりイメージと違っていたのではないでしょうか。校正とはもともと、原資料、手書き原稿、刷り上がったゲラ・刷りを見比べ、1文字ずつつき合わせて誤りがないか確認することが、作業の大半を占めていたのです。ですが現代では原稿が手書きでない場合がほとんどであるため、ゲラを引き合わせて1文字ずつ確認する必要がなくなったのです。

 「じゃあ現代の校正ってなんなの?」これは人によって微妙にとらえ方が違う場合もありますが、主に誤字脱字、変換ミス、体裁、てにをは、ノンブルについて確認することを指します。もちろん、本来の意味である、原稿・見本と出来上がったゲラが一致しているかどうかの確認も含みます。

 ここまで読んでいただければお分かりの通り、校正は文章の内容・表現の直しには踏み込まないのです。ドラマ「校閲ガール」で主人公が「文字まわりの校正だけやって、余計なことはするな!」とか言われていたのは、こういうことなんだと思います。

 

 

「文章を直す」にも色々なレベルがある

  「わたし作文苦手でさあ。あやちゃんプロでしょ?校正やってよ~」などと言ってくる人、たまにいます。こういう場合、求められているのは「校正」ではないことが多いです。きっと誤字脱字や変換ミスだけ指摘しても、この人は「っちぇ」としか思ってくれないでしょう。文章を直すにも色々なレベルがあるのです。

 校正は内容・表現には踏み込まないと書きました。たとえばこういった作業は校正とは呼ばないと、私は考えます。(とても勉強になる記事ではあります)

今日から使える文章校正テクニック | Developers.IO

 

 「こそあど言葉を効果的に使って文字数を減らす」「簡潔に書くには、主語と述語の間を空けすぎない」といったレベルの直しは、文章校正ではありません。添削、編集、推敲、リライトなどと呼ばれる作業なのだと思います。(正確には何と呼ぶべきかわかりませんが…)なぜなら、これらのテクニックは、「表現の仕方」に踏み込んでいるからです。校正作業において、意味が通じ、文法的にも誤りとは言えない表現に対して、直しを入れることはほぼありません。校正は著者の表現をできるだけ尊重しなければならないからです。

 「マイナスをゼロにするのは校正の仕事ですが、ゼロをプラスにするのは著者の仕事」と言うと分かりやすいかもしれません。下手な文章を上手な文章に直すのは、校正とは呼ばないのです。だから上手な文章にも校正・校閲は必要なのです。

 メーカーの検品・品質管理と同じなのではないかと思います。設計図通りに製造されたのかどうか確認する。「このデザイン、こうした方がいいんじゃない?」なんてこと、この段階で指摘することはないでしょう。ですがどんなに良い設計図でも、製造段階でゴミが入り込んでいたら台無しです。それを拾うのが校正です。

 「じゃあ大したことしてないじゃん…」と思うことなかれ。今度はより踏み込んだレベルの「校閲」に入ります。

 

校正と校閲の違い

  ここでもまずは辞書の定義を見てみましょう。

 

書類や原稿などの誤りや不備な点を調べて、加筆訂正すること。

新明解国語辞典」第七版

 

 校閲では、内容に誤りが無いか調べる作業に入ります。つまり事実確認ですね。それとともに、内容に矛盾がないかどうか、差別表現がないかどうか、表記が統一されているか、といった点も確認して指摘します。校正は表面的な誤りを正す作業ですが、校閲はより内容に踏み込んだ指摘をします。

 ですが校閲の段階においても、よほどの読みにくくて文意がとれない場合を除き、「こういう書き方の方が分かりやすい」といった文章指導をすることはありません。

 

 

なぜそんな違いにこだわる?

  校正は個人が在宅で請け負うことも多くあります。いまではクラウドワークス、ココナラなどで請け負う人もいるようです。その界隈の求人などを見ると、本来の校正と違う意味で仕事を募集したり請け負ったりしている人をしばしば見かけます。国家資格があるわけでもなく、多少、文章力に覚えがあれば看板を出すことができますから、非常に垣根が低いわけです。そのせいで、校正の仕事内容が人によって違ってきてしまうのは、大丈夫なのかなあと。

 

自分の文章は校正しにくいので、誤字脱字などあればご勘弁を…(^-^;

新潮講座『新潮社の校閲講座』参加レポート

 みなさんは新潮社がカルチャーセンターを運営しているのをご存知でしょうか。その名も「新潮講座」。神楽坂でやっています。なかなかニッチな内容の講座が多い中、わたしは「新潮社の校閲講座」に参加しました。校閲畑40年の井上孝夫さん(新潮社校閲部の前部長)が講師を務めます。新潮社の校閲部といえば業界内外を問わず有名ですよね。

 

matome.naver.jp

 

 わたしも新卒で校閲職につき、早〇年……。他社の校閲がどんなふうに仕事をしているのか知りたいと思い、この講座に参加しました。いまどき自社で校閲を持っている会社は減りつつある一方で、ドラマ「校閲ガール」の影響もあり、注目されることも増えてきた仕事です。さて校閲業界の雄・新潮社の校閲講座はどんなものだったのか、レポートします。

 

 

「新潮社の校閲講座」の構成と概要

  講座は前半3回と後半3回の2部構成です。月1回(火曜)18時半~20時に開催されていました。参加人数は30人程度で、基本、満席です。申し込みは急いだ方がいいでしょう。前後半でそれぞれ申し込む必要があります。後半だけの参加でも、ついていける内容です。

 そうと言われたわけではありませんが、前半3回に参加している人は、一般よりも早く後半に申し込めるようになっていると思われます。

 

 全体を通して注意しておきたいのが、この講座は今後、内容が変更されていくかもしれないということです。申し込み人数がかなり多かったようなので、会場を変更したり内容を変えたりする可能性が大いにあると思います。まだ始まったばかりの講座のようですので、きっとこれからブラッシュアップされていくでしょう。

 

前半3回は「校閲のお仕事紹介」が多い

  前半はほとんど「校閲ってこんな仕事」という内容です。毎回、お手製のレジュメが配られます。(味わい深い手書きイラスト付きで、どことなく心温まるレジュメです)

 第1回は、校閲とはどんな仕事なのか、校閲者はどんな人間なのか、といった基本的な内容です。ちょうど校閲ガールをやっていた時期でしたので、「校閲ガール」と現実の校閲の違いについても話していました。また、講師は新潮社の前校閲部長ですから、実際にあった原稿の間違いなど出版社のちょっとした裏話が聞けるのは楽しいです。

 第2回は、こんな時に間違いが発生する、という話。「誤植を見つけて、しめたと思ったとき」「小さい部分に気を取られているとき」など、校閲をしたことのある人なら誰しもギクリとする内容です。やはり、ミスの起きやすい場面ってどこも似たようなものなんだな、と気づかされます。

 第3回は、新潮社の校閲風景。新潮社での具体的な校閲の工程を教えてもらえます。これまでの内容よりは、少し実務的になります。

 いずれの回でもちょっとした練習問題を解いて、答え合わせをします。また、講師が新潮社で使っている資料、文献を持参してくれるので、講座が終わった後に自由に手に取ってみることができました。ファンにはたまらないサービスですね。

 

後半3回は校閲の技能向上にも役立ちそう

 後半はぐっと実践的な内容になります。

  第4回は、原稿合わせや字体などについて。前半は「校閲とは?」の話でほとんど終わっていましたが、ここからは校閲作業の進め方を具体的に教えてくれます。「まずは体裁の確認」「単純な打ち間違い、組み間違いに気を付ける」「言葉の使い方の正否」「内容の矛盾」など、原稿を読むときのポイントをチェックします。また字体についての解説もありました。実技として手書き原稿とゲラを突き合わせる作業をし、答え合わせもしました。そしてこの回からは宿題も出されます。(私は宿題を忘れましたが、なんとかなりました…汗)

  第5回は、素読み、調べものについて。校閲者ならこの回だけでも出てみたい、と思うくらい肝の部分ですね。調べものの基準や調べ方、参考資料などについて解説されました。また旧仮名遣いについての話もあり、大変勉強になりました。実務文書では登場することはないですが、ふとした時に必要になる知識なんですよね。ですが、どこでどう勉強したものか、頭を抱えることがあります。この講座ではなんと、主だった旧仮名遣いの一覧資料を配ってもらえました。これは便利そう~。

 第6回は、翻訳校閲。翻訳小説の校閲の問題を解き、その際に原典の英文も渡されます。校閲は日本語を基本としますが、やはり語学力はあるに越したことはないんだなあと、暗澹たる気分になりました(^-^; そして最後には修了証書をもらいました。

 

f:id:shima_aya:20170620222349j:plain

 

こんな人におすすめしたい

  校閲って興味があるけど、どんな仕事なのか知りたい。私に向いてる仕事かどうか知りたい。日本語、本、出版、新潮社に興味がある。こんな人には前半3回がおすすめです。一方、プロとして校閲技能を磨きたい、仕事で校正などを頼まれることがある、といった人には後半3回がおすすめです。もちろん6回通しで受けても良いと思います。

 「校閲の仕事を得たい」。こう考えてこの講座に参加する方も多いかと思います。私が思うに、この講座を受けて直ちに就職や受注に有利になるかというと、微妙な気がします。やはりカルチャーセンターの講座であって、実務者を一から育成するための講座ではないです。もちろんプロが受けても勉強になることはたくさんあると思います。

 わたしは他社の校閲について知ることが目的だったので、大いに満足でした。私が新人時代に受けた教育ともかなり違い、新たな知識を増やすことができました。また、どんな場面の校閲にも共通する事柄がたくさんあることも分かりました。「ミスが起きるのはこんなとき」「校閲に向いている人はいない」「終わらない勉強」……。

 

 活字文化とともに育った職業である校閲が、ネット時代のこれから、どうなってゆくのか不安はあります。いかんせん不景気では真っ先に削られる分野です。ですが正確な情報、正確な表現、分かりやすさが求められる時代に、なくてはならない職業であると信じたいです。

 

www.shinchosha.co.jp

 

余談

 ① 校閲とAIについて研究している人っていないのでしょうか。AIに小説や記事を書かせる、という研究は進んでいるようですが。そういった講演などがあれば、ぜひ参加したいです。

 ② 自分の書いたものの誤字脱字はけっこう見落としがち…その辺はご勘弁を…

もう紫陽花の季節が来る

f:id:shima_aya:20170606012917j:plain

 

 

紫陽花や隅の奴から先に咲く

まだ雨の降らぬ季節の花冠り

いままで詠んだ歌と句2

「風花」
風花や遠い目をしている新婦

 

「お風呂」
晴天に裸の女群をなし お風呂の端でお猿たまげる

 

「ワイン」
今夜こそ決着がつく予感して ワイングラスをそっとぶつける
ワイシャツの赤くて丸いその染みが ワインであれば落としてあげる

 

「寒昴」
終電はまだ来ぬはずが寒昴

これまで詠んだ歌と句

これまで詠んだけどまだ載せていなかったもの。

 

「髪」
「いい匂い」そのつぶやきが五年後も同じシャンプーを買わせている
タイマーが鳴る五分前目を覚ます髪をばっさり切った翌朝

 

 

 

「トイレ」
モンタージュ汁椀の底に浮かぶたびポタージュ私の腹の奥底
会いたいのメールを送る苦しさはいま快便に押し流された
便所にて竜王戦を指すごとくいま全身がみなぎっている

 

 

「冬の夜」
電気式炬燵としびれたる指に耳傾けて夜も更けにけり

春に詠んだ歌

深窓の姫を手練れの女中らが世話するように喪服を仕舞う